製薬会社での日々の生活、また転職活動などについて書いていきたいと思います。就職活動、転職活動中の方には参考になるかな?

2007/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の活動をつづっていきます。

もしよろしければポチっとお願いします⇒人気blogランキングへ

病院を担当していると必ずあるのが、『先生の異動』

新臨床研修制度が発足し、教授や医局の人事権が小さくなったとはいえ、結局私達サラリーマンと変わらず、先生方も異動がある。
これは、医局を離れるまでは永遠とつづく事である。
もちろん今後は民間病院に就職などいろいろと状況は変わりつつあるが。

私が担当している先生で今回異動となった先生がいた。
この先生は新人で配属されてから、約3年間ずっとお世話になった先生だ。

実はこの先生には一度怒られた事がある。
理由はこの先生にPMSを頼もうと活動していた際、先生の状況をかえりみず活動してしまったためだ。今考えると、新人なりに頑張っていたからだが。
それから数年した時に先生からこのような事を言われた。

『自分がMR@TK君を怒った事があるの覚えているかい?実はあのすぐ後、自分はこんな若い子に大人げない事をしてしまったと反省したんだよ。そして、もうMR@TK君は自分の所にはこないだろうと思ったんだよ。
でも君は違ったから正直驚いたんだ。次の日同じ時間に僕を待っていて。あの時MR@TK君に対する印象が大きく変わったよ』

とお酒を飲みほろ酔いの中先生が口にしてくれた言葉は忘れられない。

この先生とは、その後本当に良い仲になった。他のMRとは絶対に食事には行かないが、自分とだけは忙しい中時間を割いてくれるようになった。
必ず頼みごとは自分にまず依頼してくれるようになった。
新製品の採用はほとんど、申請してくれた。
その時の新製品は支店でNO,1になった。他競合製品から大幅な切り替えをしていただいた。他MRは診察室には入れないが、自分は入れた。

もちろん結果として、うちの会社の、主力製品の実績は5倍に伸びた。

そして一番先生といて大きかったのが
『愚痴を言えたこと』である。

MRはなかなかDrとは本音では話せないと思う。本当は、そう思っていなくてもどうしてもDrに同調しなければならない事が多い。

しかし、この先生には、本音が言えた。
『もっと他の先生も勉強するべきだと思うんです』
『会社にはこんな活動をしろと言われるんですが、これは違うと思うんです』

この先生とは東京の研究会などでまた会おうと約束をしている。
今度再開するときは、偉くなって会いたいと思っている。

スポンサーサイト
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の活動をつづっていきます。

もしよろしければポチっとお願いします⇒人気blogランキングへ

忙しくて、更新できませんでした。


たまには、私の活動を書いてみたいと思います。
私はいわゆる地域の基幹病院を担当しております。
基幹病院担当者の活動は、やはり普通の活動とは異なります。

もちろん、その病院の数字をやり遂げるというのは変わりませんが、常に意識しなければならないのは
『その基幹病院を中心とする医療圏内での数字(シェア)』
というものです。

例えばシェアの低い地域は大概その地域の基幹病院に対してうまく活動ができていない場合が多いです。
逆に言えば、基幹病院の攻略を行うことにより、その地域のシェアは大きく変わります。

基本的戦略としては
基幹病院のオピニオンリーダー育成⇒オピニオンリーダーからのいわゆるDr to Dr活動
を展開するために日々情報活動を行うわけです。

私個人としては、エリアマーケティング的な考え方のできる、病院担当の方が楽しく感じます。

やはり次のステップとしては、大学を担当してみたいですね。



MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の活動をつづっていきます。

もしよろしければポチっとお願いします⇒人気blogランキングへ

前回は、外面の重要性について書かせていただきました。
やはり、外的要因は大切だと思います。

その中で何が一番大切でしょうか?

これは人によっていろいろ考え方があるかと思いますが私は
『笑顔』が非常に重要だと思っています。

もちろん、意味も無く笑っていたら、気持ち悪いですが、笑顔には良い効果があります。

まず、『相手が話しかけ易い雰囲気』を作り出すことができます。
つまり、好印象を維持できます。

それだけで相手がこの人の話を聞いてもいいかな?とか、信じてもいいかな?と思います。

また、相手は話し手に影響されやすいという実験結果もあります。
つまり、自分が笑顔でいれば、相手も笑顔でいる確率は高くなるようです。

相手が、不愉快な顔をしている時、話の内容はともかく自分の笑顔はどうでしょうか?
今一度見直してみましょう。
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の活動をつづっていきます。

もしよろしければポチっとお願いします⇒人気blogランキングへ

金曜日は支店の会議でした。
大体どの会社でも、期初には支店で会議があるのではないでしょうか?

本社からお偉いさんがきて、訓示、支店長訓示、成績発表、成功例発表といつもあまり変わらない感じです。

う~ん、あまり、変わりばえがしませんでした。
しかし、このような時は、本社の方とお話できる機会ですので、なるべくお話するようにしてます。

やはりお偉いさんに顔を作っておくことはサラリーマンたるもの重要です(笑)

さて、今回支店会議で本当によく言われたのが
『MR@TK君ももうそろそろ転勤じゃない?』
ということでした。

確かに来年再来年ぐらいには、異動があるぐらいの時期になってきました。私としては、実家の近くの地域に異動したいなぁと思っておりますが、今回言われたのが
『支店(支店のある営業所)に異動じゃない?』
という事がほとんどでした。

ある先輩からは『たぶん俺来年転勤だからその後はMR@TK君だよ』とまで。ひょえ~(恐)

確かに都会で仕事をしてみたいとも思いますが。。。
希望ではなく会社の都合での異動。。。
これはMRの宿命かもしれませんね(涙)
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の活動をつづっていきます。

もしよろしければポチっとお願いします⇒人気blogランキングへ

今回は、相手の信頼を得るために重要だと思う事を若手なりの視点からですが記載したいと思います。

まずは、相手から良い印象を受けるために重要なことですが、『外見』というものが重要だといわれておりますし、私自身も重要だと思っています。
よく会社の研修などで、アルバートメリビアン博士の話を聞きますが、皆様ご存知でしょうか?
彼は、カルフォルニア大学の心理学教授ですが、彼の研究によると
(これは少し怪しい結果だとも言われておりますが・・・)
相手とのコミュニケーションでは外的要因(仕草や格好)が約55㌫を占め、38㌫が声、7㌫が言葉の内容であると言われております。
つまり93㌫は内容ではなく、いわゆる外面で決まるということです。

少し極端ではありますが、一概にも否定はできないと思います。特にまだ相手の認識が薄いような担当初期には。

なぜならば、外見的な部分ぐらいしか、判断基準がないからです。
皆さんも恐らく初めて会った人は外面で人を判断しているのではないでしょうか?やさしそうだとか、怖そうだとか。

ですので、やはり外面を磨くことは非常に重要です。
その中で1番大切だと考えているのが・・・

次回記載させて頂きます!!!
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の活動をつづっていきます。

もしよろしければポチっとお願いします⇒人気blogランキングへ

前回は専門医に対する『ご意見の頂き方』を記載しました。
他にもバリエーションはたくさんあるとも思います。他になにかありましたら、是非とも教えて下さい。

今回は『専門家でない場合』です。
これは、先生によって変えますが、ある1つのDrの特徴を理解していると良いと思います。

それはDrは基本的に『教えることが好き』という点です。
豊富な知識を有しているので、基本的には教え好きです。だからこそ『ご意見を頂く』という方法が良いのかもしれません。

ですので、ある程度は専門家で無くても聞いても問題ないと思います。
(詐欺みたいな答えですいません)

しかし、全員がそうではありません。専門家ではないから専門家に聞いてよ・・・という先生もいます。
そのような場合ですが、私は以下の方法を良くとります。

①専門の先生はこのデータについて『○○』といっていますが、実際臨床ではどうでしょうか?
(パンフレットなどの専門家のデータは結構基礎の話が多いので、それを利用して、臨床を見ている先生として教えて欲しいというスタンスで聞く、あえて批判的に聞くことが多いです(やっぱり臨床ではそこまでうまく良いデータはでないですよね?みたいな感じです))

②実は所長(プライドが高い先生には本社)からまず○○先生にこのデータについてご意見を頂いて来なさいと言われまして・・・
と聞きます。
若いMRになんで教えなきゃという先生にも、少し権威づけで所長とか本社という名前を出して、先生が意見を言わなければという形に持ち込みます。でもこれは、何となく自発的な行動に取られない事もあるので注意が必要です。

③実は先日このようなデータを社内勉強会でならったのですが、実際このような効果は期待できるのでしょうか?
特に若手MRでは、まだまだ勉強不足で・・・というスタンスで聞きます。しかし先生によっては、こいつ勉強して無さすぎというマイナスのイメージがつく可能性もあるので注意です。

これ以外にもたくさんあると思いますが、このようなものを良く使っています。
しかし、相手に口を開かせるというのはやはり難しいと思う今日この頃です・・・
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の活動をつづっていきます。

もしよろしければポチっとお願いします⇒人気blogランキングへ

前回『ご意見を頂く』事のスタンス・大義名分について記載させていただきました。

何個かバリエーションはあるかと思います。
①相手が、その薬剤を使う疾病の専門家である場合
この場合は簡単ですね。専門家として貴重なご意見を頂きたいというスタンスは簡単に作り出せますので。専門医としてご意見を頂きます。

また、基幹病院の先生などには、『開業医の先生にこのようなプロモーション活動を行いたいと考えておりますが、ご意見をいただけませんでしょうか?』と聞き、ご意見を伺う事もできます。

では専門医や専門家ではない場合どうすれば良いでしょうか?
もちろん上記の方法は大儀名文にはなりません。

それはまた次回に!
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。