製薬会社での日々の生活、また転職活動などについて書いていきたいと思います。就職活動、転職活動中の方には参考になるかな?

2007/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。医者と医局の関係について記載いたします。

先日も記載しましたが、現在勤務医はほとんどが大学の医局に所属しております。
そのメリットは何でしょうか?

医者の立場から
・医局が働く場所を斡旋してくれるため、探す必要がない。また、必ず働く場所を見つけてきてくれる

これはデメリットでもありますが、働く場所を必ず用意してくれるというのは大きいと思います。
ですので、勤務医で医局と関係をきちんともっていれば、まず、食えなくなることはありません。

病院の立場から
・Dr探しが非常に楽である。また田舎でも医局の派遣できてくれる

例えば、ものすごく田舎であるならば、働きたいという先生もあまりいないかもしれません。しかし、医局の命令で、必ず医者がきてくれるわけです。これは、病院としてはありがたいですね。

しかし、近年では新臨床研修医制度がはじまり、上記のメリットが保てなくなってきています。
では、それはなぜでしょうか?

次回記載します。
スポンサーサイト
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。今回は医者と医局の関係について記載いたします。

白い巨塔で有名になった、医者と医局との関係は皆様ご存知でしょうか?
医者は開業医でない限り基本的に医局と関係を持ち続ける事になります。

では医局とはなんでしょうか?
医局とはいうならば、医学部の附属病院での診療科ごとの、教授を頂点とした人事組織とでもいいましょうか?

つまり、簡単にいうと、医局システムは会社でいうと、教授が人事部、医局員が、普通のサラリーマンです。
転勤族は、人事部の人事に従い、赴任地を決定され、それに基づいて異動が行われます。
医者の世界では、人事部が、教授なのです。

例えば、○○病院に内科の医者が10人いたとします。世間的には、○○病院に就職しておりますが、その病院に就職するように、命令したのは、実は教授です。

ですので、病院の勤務医は数年たつと、必ず異動があり、教授の命令により、再度他の病院に異動します。
このような力を教授がもつため、大学の教授の権限は絶大なものになっているのです。

しかし、この制度は、近年国が主導となり、崩れはじめております。もちろんそれによるメリット、デメリットが出始めているのはご存知の通りです。

次回は、そのメリットについて、記載いたします。
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の生活をつづってまいります。

そろそろ、先生方も人事発表が行われる季節です。
今回異動となる先生と土曜日から泊まりで、飲みにいってきました。

そこで、話がお給料の話に。
「えっ!MRってそんな給料いいの?勤務医がバカみたいじゃん!!」

確かに、先生の年なら、うちの会社にいた方が給料は良いでしょう。。。そんなの言えないけど・・・

しかし、切実な問題ですね。
先生は急性期病院の勤務医ですが、恐らく開業医との年収の差は倍ぐらいはあるのではないでしょうか?
今回の診療報酬改訂で、勤務医に手厚くなるようですが、それでも、まだ開業した方が割がいいのは周知の事実。

しかも急性期病院はオンコール(自宅待機で緊急時に対応しなければならない)があるため、休んでいるのか、休んでいないのか、わかりにくい感じですし。

やはりMRは時給換算ではいいですね。。。


是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。今回は、女性MRについて記載いたします。

現在女性MRの比率というのはどんどん増えているようです。
私の会社も入社時には、半分以上が女性でした。

女性MRの担当先は、会社や人によっても違いますが、大病院のサブ担当や、開業医を担当するケースが多い気がします。

以前は、3年~4年ぐらいで辞める方が多かったようですが、年々、勤続年数ものびているようです。製薬会社もやっと、女性を受け入れられる体質になってきたということでしょうか?

では働く環境としてはどうでしょうか?
残念ながら、まだまだ男社会ではあると思います。
それは、Drの世界もまだまだそうではないかと思います。

しかし、MRは女性がきちんと活躍できる職業です。
もっと女性MRが増えて、医療業界全体に変革を起こすぐらいの影響力を与えて欲しいですね。
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の生活をつづってまいります。

MRの活動というのは他営業と違い、基本的にはアポイントなしでの訪問が多いと思います。
でもこれってよく考えると非常に失礼ですよね。
私はできるだけ、先生方にアポイントを頂いて訪問することを心がけています。

これは特に病院での活動では重要です。
病院では、ほとんど歩きながら話すことが多いため、きちんとした内容はやはりアポイントを
とって座って話さないと話せません。

先生と1対1になり座って話す事は病院担当者にとっては、必須な能力だと思っています。
皆さんはアポイントを取る際どのような理由付けをしていますか?
MR@TKです。大手製薬若手MRの日々の生活をつづってまいります。

先週から今週にかけては、出張だらけで、3日ぶりに家に帰ってきました。
やはり出張は疲れますね。どうしても、ホテルの宿泊というのは慣れません。

今日ははやく寝てまた、明日の活動につなげます。
あっ、でも作らなきゃいけない資料があった。。。。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。今回はMRの休日について書きたいと思います。

ここはやはり学生の方は気になるのではないでしょうか?
まず取得の状況ですが、結論から申し上げますと、MRは会社や担当先によって休みの取得状況はまちまちです。

まず、休みが取りにくい会社(MR)ですが
①大手の製薬会社
②大学担当者や、有名病院担当者

は休みが取りにくくなります。

①の理由は、休日に、講演会が入る可能性があるため、休みではなく、出席しなければなりません。大手はやはり経費なども中堅にくらべると潤沢なため、講演会が多い傾向にあります。

②の理由は、①と似ていますが、大学担当者や有名病院担当者は、講演会の演者として、担当Drが呼ばれるため、講演会開催地域に随行、または、自分の担当している地域などでも大学や有名病院を中心とした、講演会が開催される可能性もあるため、その開催で、休みがなくなります。

しかし、お盆や正月などは他業界に比べ、比較的どの担当者も長く休日を取得できるため、この時期を利用して、長期旅行などに行かれる方も多いようです。

また、特に若手のMRで独身の場合、金銭的に余裕があるからか、海外やゴルフなどに頻繁に行く方もいます。やはりMRは金銭的に恵まれているのだろうと思う瞬間です。

この業界は比較的土日の仕事は多いのではないかと思います。
是非参考にしてください。

是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。本日はMRの出張について記載いたします。

MRの出張には大きく分けて大体3種類あります。
①自分の営業所から担当エリアまでが遠い場合の宿泊出張
②支店の講演会や会議による、出張
③東京などの講演会での出張

①は、営業所から、担当エリアが遠い場合に、毎回営業所に帰社するのは時間のロスになるため、担当エリアのホテルなどを拠点として、活動する方の出張です。

このようなエリアを持つ方は時と場合によって、月~木曜日まで全てエリアのホテルに宿泊となるため、体力的にきつくなります。ですので、会社によっては、ホテル代を定額与え、その差額は、自分のものになったり(例えば、定額が1万円だと、7000円のホテルに泊まれば、差額の3000円は自分の懐に入ります)もしくは、日当を普通に活動している人に比べて高額にして対応しているようです。

②これは、支店単位で会議を行ったり、講演会がある時などの出張スタイルです。
支店とは、例えば東北地方では多くの場合東北支店などという名前がついており、東北地方の全ての営業所が東北支店○○営業所という形で支店に所属しておりますが、支店で講演会などを行う場合、東北地方ならば、仙台で講演会を行います。
その際、仙台で働いていないMRは、講演会の日は遅くなったりすることもあるため、仙台に泊まります。これが、②です。会議も同じです。東北地方のMRが一同にかいして会議をすることがありますが、やはり遅くなることもあるため仙台に泊まります。

③これは、全社的な講演会を行う場合です。本社主催の講演会は多くの会社は東京で行います。この際例えば、九州の先生をこの講演会にご招待する場合、先生はもちろん当日東京に宿泊しなければなりませんが、MRも随行して東京に行くことがあるため、その際MRも宿泊することになります。
これが③の出張です。

MRは非常に出張の多い職業だと思います。出張は疲れますが、良い意味でいろいろな場所を楽しむことができますよ!
MR@TKです。日々の生活をつづってまいります。

本日下記のような記事がのりましたね。
MRは給料がずば抜けてよい事はありませんが、やはり平均的に高いと考えても間違いではないようです。

仕事をする上で、お金だけで考えるのは間違えておりますが、仕事は何をやっても、ある程度不満が出てまいります。それは一般的にやりがいがある言われている職業も実はそうです。

つまり、そこまで仕事には大差がありませんので、そういう意味ではMRは非常によい職業だと思います。

みなさんは下記の記事をどのように思いますか??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平均年収トップは「投資銀行業務」、「MR」などの医療・医薬系も強さを発揮【DODA職種別平均年収調査】
1月17日11時16分配信 MarkeZine


 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」が、「職種別平均年収ランキング」を発表した。調査が行われたのは2006年1月から2007年9月で、「DODA転職支援サービス」登録者の給与データから、IT系、技術系、営業系、メディカル系、事務系など58職種を対象に平均年収を算出。ランキングは、25~29歳、30~34歳、35~39歳の3つの年代別に発表された。

 まず、目を引くのは、すべての年代でトップとなった「投資銀行業務」で、平均年収は、25~29歳では577万円、30~34歳では887万円、35~39歳では1,281万円。続いて、やはり全年代で2位を獲得したのは、「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」で、1位と2位は投資関連の職種が独占した。以下、各年代のトップ5を見てみよう。

【25~29歳】
1位「投資銀行業務」 577万円
2位「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」 544万円
3位「プロジェクトマネジャー(IT)」 525万円
4位「ITコンサルタント」 518万円
5位「コンサルタント」 517万円

【30~34歳】
1位「投資銀行業務」 887万円
2位「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」 880万円
3位「MR(医療情報担当者)」 655万円
4位「ITコンサルタント」 643万円
5位「財務」 643万円

【35~39歳】
1位「投資銀行業務」 1,281万円
2位「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」 989万円
3位「法人営業(メガバンク・地方銀行)」 826万円
4位「ITコンサルタント」 761万円
5位「経営企画・事業企画・新規事業開発」 753万円

 2004年には、投資顧問会社のサラリーマンが長者番付トップになったことが記憶に新しいが、サブプライムローン問題の国内への影響が次第に明らかになり始めた2008年、この業界の年収はどのように変化するだろうか。また、ランキングには、投資関連やIT系のほか、「MR(Medical Representative)」と呼ばれる医療や医薬品の営業担当者が全年代トップ10にランクインしたほか、「臨床開発」が25~29歳の8位に入るなど、医薬系も強さを発揮している。

是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。今回は特約店(卸)でMSにいってはならないことを記載します。

これはどの会社に就職しても大体、研修時代に言われているケースが多いようです。
さて何でしょうか?


それは給料とボーナスです。
これは決してMRからMSに言ってはならないといわれています。
理由は明白ですが、あまりにも違いすぎるからです。

例えば、大手製薬会社ですと、現場にでてはじめての夏のボーナス(つまり、就職してから2回目の夏のボーナス)の支給額は、大体特約店(卸)のMSのリーダー(課長 35~45歳)クラスとほぼ同等か、MRの方が多いぐらいです。

また、夏のボーナスを貰うのが、4回目~5回目になると、特約店(卸)の支店長(○○支店で一番偉い人 45~55歳)を超えています。これは地方の地場卸になればなるほど差が大きくなるようです。

ではなぜこんなにも同じ薬を扱っている商売なのに違うのでしょうか?それは、利益率の違いです。
製薬会社は利益率30~40%といわれておりますが、特約店は、中間に入るため利益率が非常に低くなるからです。

毎年、現場にでると、ベテランMSなどが、新人MRにカマをかけてどのくらい貰っているか聞き出そうとします。みなさんご注意ください(笑)

MR@TKです。MRの日々の生活についてつづってまいります。

今日で連休も終わりですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
1月ももう中旬です。皆さん数字はいかがですか?外資系ですと、今月は期初になるかと思います。つまり今期の数字をやる上で非常に大切な月になりますね。では内資系はどうでしょうか?

今年は薬価改定がありますので、3月は非常に厳しい月になることが予想されるため、2月はある程度数字の確保は必須です。
しかし、2月の数字がある程度できたとしてもなかなか厳しい期になると思いますので、1月の数字をきちんと確保することは非常に重要な事です。

さて、皆さんはこの薬価改定による買い渋りをどのように対応していく予定ですか?
MR@TKです。MRの日々の生活についてつづってまいります。

今日はかなり仕事を早く切り上げ、既に三連休のために移動しています(笑)。MRはこんな感じである程度予定をコントロールできるというのは利点の1つですよね。
しかし、逆にユーザーありきの仕事でもあるので、ユーザーに予定を振り回される事もあります。

やはり予定は早めに決めましょう!
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。今回はMRのパソコン事情について記載いたします。

現在では、パソコンを使わないサラリーマンはほとんどいないのではないかと思いますが、MRもしかりです。
・実績の確認・経費の精算・資料作成・メール
パソコンがなければ仕事ができないともいえます。

さて、それでは、どのくらいパソコンができればよいのでしょうか?

MRは、『パワーポイント・エクセル・ワード・メール』ができれば基本的に問題ないと思います。

でも学生で、卒業論文などを出してない方はそれもやったことがない人もいるかもしれません。
しかし、基本的技能はすぐに身につきますので、できずに入社してもまったく問題ありません。(会社によっては研修中にパソコンの技能の研修もあるようです)

どうしても!という方は、まずワードを勉強してみるといいかもしれません。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。MRの就職試験について記載いたします。

今回は、MRの学歴についてです。
現在はMRの就職学歴はそこそこ高くなってきているようです。

私が入社の時は、半分は薬学部、半分が非薬学部でしたが、非薬学部のうち、いわゆる高学歴(旧帝国大学 一橋 東工大 早慶)は、10人ぐらいいました。

その他はいわゆるマーチ・関関同立か地方の国公立大学でした。

では、なぜ学歴が高くなってきているのでしょうか?
それは、MR認定試験があるためかと思います。認定試験はペーパーテストのため、やはり学歴に比例して、点数がよくなる傾向があります。
加えて、MRは常に勉強がつきものであるということも理由のようです。

では、学歴と仕事の出来は比例するのでしょうか?
もちろんそれは必ずしも比例するとは思いません。MRはやはり営業ですので。

しかし、高学歴の人ほどやはり知識を身につけるのが速い傾向はあるので、学術的なアプローチが必要とされる施設を配属時には担当する確立は高いような気がしています。
(大学や、高度専門病院、基幹病院など)

もちろん学歴が無くても、MRはできます。学歴がない方も是非チャレンジしてください。
MR@TKです。大手製薬会社若手MRの日々をつづってまいります。

さて皆さん、本日の仕事はじめはいかがでしたでしょうか?
だる~いという言葉も聞こえてきそうですが(笑)

今日はどこのメーカーも挨拶回りか会議のようでしたね。
やはりいきなりトップスピードには簡単にもっていけません。
今日あたりは新年会なども多いのではないでしょうか?
私もこれから、新年会です。

お酒を飲みながら今後の活動について、いろいろと考えます。
MR@TKです。MRの日々の生活についてつづってまいります。

まだ実家にいるので、勤務地には戻っていません。多くの製薬会社は7日かが仕事はじめだと思います。

一月というのは大体二週目から仕事が始まり、その週が挨拶回り+内勤的な事務作業+新年会、そして三連休、次の週が少し外勤と会議が入り、その次の週あたりから本格的に全曜日を通して外勤活動ができるのではないでしょうか?
つまり1月はあまり外勤の仕事は充実できません。
このような時皆さんはどうされますか?

私はこのような時はむしろ、ゆっくりめに活動することにしています。
理由は心に余裕がなくならないようにです。余裕がなくなるとちょっとした事でも間違えたりすることもありますし、それ以上に『思考が停止』してしまうからです。

どうしても仕事に終われてしまうと目新しい事や工夫した活動ができにくくなります。

もしくは思いきって、今後の活動戦略についてタップリと考える時間を作ってもよいかもしれません。

皆さんは一月をどう過ごしますか?
MR@TKです。日々の生活をつづってまいります。


作年中はブログお読みいただきましてありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。


仕事を休んでゆっくりしておりますが、やはり少し仕事がしたくなってきましたね。
良いのか悪いのかわかりませんが?(笑)

さて今年は、どのような年にするか少しまだ考え中です。
今年は私にとって、今後を大きく左右する1年になりそうな気もしているからかもしれません。
何の根拠もありませんが。。。

MR活動では、自分が行ってきた活動が実り始めてきているので、もうそろそろ新しい種まきを行わなければとおもっています。
できれば全社的に取り上げられるような活動をこなっていきたいと思います。

正月もあと今日を入れて6日ありますので、たまにはゆっくり考えたいと思います。
何卒本年もよろしくお願い申し上げます。

 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。