製薬会社での日々の生活、また転職活動などについて書いていきたいと思います。就職活動、転職活動中の方には参考になるかな?

2010/01123456789101112131415161718192021222324252627282010/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MR@TKです。日々の生活をつづってまいります。
先日ですが、Drに講師になって頂き、社内勉強会を実施しました。
これってどこのメーカーでも行ってますよね。

このタイプの勉強会には2つのタイプがあります。
1つは、自社製品に関する使用感などを話してもらうもの、もう1つは自社製品を投与する疾患に関する勉強会。
私は今回は後者をお願いしました。

うちの会社でも結構やっていますが、この目的をきちんと把握していない人が多いなと感じます。
行うことが目的となってしまっているケースが多いですね。

実施する日よりも、それまでの過程が非常に重要です。つまりこの勉強会を大儀名分に先生にお会いすることができるからです。お会いする際にもちろん自社品のプロモーションも同時に行います。

では勉強会が終わると1通りの活動は終わりでしょうか?違います。

勉強会では全ての疑問やわからないことは解消しません(していてもしていないことにし)
そこで、実施後にも質問をしても良いか?ということに関して事前にコンセンサスをとっておくわけです。

つまり、講師の先生に自社のアドバイザーになってもらうわけです。
これで、先生にプロモーションの仕方や医学的疑問点についてお伺いできるようになります。
いきなり薬の話をしたとしても、アドバイザーなので大儀名分がたつわけです。

ここまでできれば、学術的にDrを落とすことは可能です。
自然と接触回数が増え、先生も意識をしだすため実績は確実に増えます。
まさに医薬情報担当者ですね。

もっと工夫をしている方もいるかもしれませんね。
他にも何か工夫をしている方がいましたら、是非教えてください!!!






スポンサーサイト
MR@TKです。日々の生活をつづってまいります。

最近MR活動をしていて考えているのは、担当のDrは

①どのような症例を多くもっているのか?
②どのような症例に困っているのか?
③どのような症例に対しては特にこだわりなく薬剤を投与しているのか?

ということです。

どうしても数字を持つと①を考えがちですが、②が一番ニーズを満たせ
③が切り替わりやすいわけです。

つまり、①の領域を攻めながら②、③を同時に攻めることを目指しています。

②、③を攻めるにはやはり日々勉強や情報の収集が必要です。
これを見つけたときはやはりMR冥利につきますね。

さて、明日も情報収集につとめます。





MR@TKです。日々の生活をつづってまいります。
今週は寒かったり暑かったりと本当に嫌な日々が続きました。
でも何とか体調を崩さずに乗り越えられました。

今回は、「担当施設の難易度について」記載したいと思います。

大きな分類としては
・公的施設か私的施設か?
・開業医か中小病院か大病院か大学病院か?
・都会か地方か?

というセグメントが考えられるかと思います。
皆さんはどのような施設が一般的には攻略が難しい・簡単と思いますか?

これはあくまでも私の意見ですが

【難しい】
公的な大病院で地方

【簡単】
私的な開業医で都会

ではないか?と考えています。

ではなぜか?
私的か公的かについては皆さんご承知の通りかと思います。
公的な病院は、接待や勉強会招聘などもできないケースがあります。
やはり公的病院のほうが難しいでしょう。

では病院の種類ですが、これは結構大学なんじゃないか?と思われるかもしれません。
しかし、大学は本社の施策などが入り、攻略がしやすいケースが多く感じます。

しかし、エリアの大病院などでは、本社レベルの施策は入らず
結局自分がどうにかするしか方法がありません。
ただし、支店の施策がはいることもあります。

また、開業医はやはり難易度は一番低いでしょう。

では、都会か地方か?
これは賛否両論かもしれませんが、私は地方の方が難しいと感じます。
地方は、先生に入り込むまでに時間がかかるケースが多いですが
都会は素直な先生が多く、その点にはあまり時間がかかりません(逆にいうと八方美人とも考えられますが)

公的な大病院で地方の方はMR活動の基礎がきちんとできているかもしれませんね!!
自分もそのような活動を目指します。。。。。。





是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。
今回は「他業界からみたMRの魅力について」記載いたします。

まだまだ、製薬業界は他業界からの転職組みが多い業界だといわれています。その理由ですが
①給料が良い
②福利厚生が良い
③安定性がある
④知名度がある
etc

であると思います。
特にお給料と福利厚生は他業界から来た人からみるととても魅力的なようです。

でも、他の業界から比べるとかなり特殊な人を相手に仕事をしていることになります。その点はやはり特色であり、人によっては合わない人もいるようです。

私としてはこんなに良い業界はないのでは??と今でも思っています。

是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。

今回「もし、行けるならどのメーカーにいきたい?(周りのMRの所感)」について記載いたします。、これはあくまでも私の周りのMRの考えですので、一般論ではありません。ご了承下さい。

【内資】
エーザイ
アステラス
田辺三菱

【外資】
ベーリンガー
アストラゼネカ

がでました。以下が理由です。

エーザイ
:基本的にガツガツしていないし、仕事量と給料のバランスが良い。しかし、中途採用は行っていない。

アステラス
:営業力に定評があり営業力がつきそう。また、給料と仕事量のバランスが良いイメージ

田辺三菱
:そこまで仕事量が多いというイメージはなくまったりとしたイメージ。しかし、給料もそこまで良い感じではないのかな。

ベーリンガー
:外資っぽくなく、結構マッタリしている。給料もそこそこでバランスが取れている感じ。

アストラゼネカ
:新薬も多く、福利厚生が良いイメージ。仕事量もそこそこ??

逆にあまりいきたくない会社としてでた会社
T社
:給料いいかもしれないが、仕事が大変そう。

P社
:仕事量が多そうで嫌だ。会社的なイメージもあまり・・・



再度記載しますが、一般論ではないので、その点はご留意下さい。
ただ、おもしろいのが、新人の時に多く人が志望している志望順位とは異なるのではないでしょうか?やはり現場で知ることは多いですね。







是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。
今回は「転職した会社で出世はできる?」かという点について記載いたします。

詐欺みたいな回答ですが、これも一般論はありません。つまり会社によって異なると思います。ただ、転職者は転職先でネットワークがないので、従来いた会社で出世するよりは大変なことが多いのではないかと思います。

しかし、転職先でもっていないネットワークや情報を持っているとも考えられますので、いきなり出世をしてしまう人もいます。

つまり努力次第です。
ただ、転職者であるから・・・と差別をするような会社は決してよい会社だとは思えません。これはコントラクトの派遣MRを差別する会社なども同じです。

実際の所会社に入社してみないとわからないことが多いですね。。。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。
今回は「外資から内資、内資から外資?」のどちらの異動が多いのか?という点について記載いたします。
転職のイメージというと何となく、内資から外資というイメージが多いようです。しかし、現在ではあまりそのような区分はないようです。

ただ、募集が多いのは外資系です。ですので、転職先が外資系であるという方は多いようです。つまり、外資から内資もいけますし、内資から外資にもしけますし、外資から外資も、内資から内資も全く問題ありません。

そのような柵はありませんので、参考にしてください。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。
今回は「どれぐらいの経験をもって転職ができるか?」について記載いたします。

私が知っている限りでは、新人から業界経験1年で転職してきたがいました。
しかし、その方はやはり優秀で、光るものをもっていたと思います。

これは私の考えですので、必ずしも正しいとは限りませんが、やはり3年は勤めてある程度業界やその会社について知りメリットデメリットを見分けられる状況になってから、転職を行うことをお勧めいたします。

ただ、これはあくまでも私の考えですので、一般論ではないのでご注意を。

逆に何歳まで大丈夫なのか?という点も気になりますが
やはり35歳前後が1つのバーのようです。これ以上の年齢の方は管理職の経験や特殊能力の有無などで左右されると思います。





是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。

今回は推薦状があると受かりやすい?のかということについて記載いたします。
まず転職における推薦状とはなんでしょうか?

これは、ヘッドハンティングや積極的にメーカー側が欲しい人材が転職する場合現場の所長などが、推薦状としょうして、その人を押す文章を記載してくれます。

つまり、誰でももらえるものではありません。これがあると実はかなりの確率で受かります。なぜならば、営業所長という現場の責任者の一押しということになるからです。

しかし、逆にいうと、この推薦状を貰って受け内定を頂いた場合、その推薦者の顔もあるため、基本的には内定を断るのは難しくなります。ですので、貰う際にきちんと覚悟を決めておく必要があります。

ではどのようにすれば、この推薦状もらえるのでしょうか?
ある程度欲しいと思う人材であること、そして、行きたい会社の所長まで行き着くことが必要です。(多くは同じエリアのMRから所長を紹介してもらうというのが一番の方法ではないでしょうか?)

ちなみに私も推薦状を頂き転職をしております。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。

今回は勤務地は選べるか?について記載いたします。
転職理由の1つに「勤務地」というのがあるかと思います。人によっては予想していなかった地方にいき、それが不満であるという方もいるでしょう。それで、勤務地を選びたいために、転職を行う方もいます。

では選べるのか?という点ですが、外資系では特に選べる可能性が高いようです。内定前に勤務地を指定して貰える可能性もあります。では内資系はどうか?ですが、外資系ほど融通はきかないようですが、現在では比較的要望は聞いて貰えるようです。

ここで、勤務地について重要な点を。下記を意識するだけで希望地に行く可能性はかなり高くなります。

①行きたい場所をきちんという
これは非常に重要です。また、なぜその土地に行きたいのか?という理由をきちんと入れていくことが重要だと思います。ただ、都会に行きたいとかそのような漠然とした意見では通らないことが多いです。

②できるだけ早くエントリーする。
これが一番重要かもしれません。求人を出した時点で会社としても、ここに補充したいというイメージができていると思います。内定を出していく順に希望を通す可能性も高くなりますので、できる限り早くエントリーすることが重要です。遅くなればなるほど、残り物の地域(人気がない地域)に行く可能性が高くなるでしょう。

是非参考にしてください。

是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。

今回は「領域の経験は必要?」かという点について記載いたします。
この領域というのは、特に外資系に多いですが、領域別にMRを分けているケースがあります。ですので、外資系を中心に領域別での採用を行っているメーカーがあります。それに応募する際に、その領域の経験が必要か?ということです。

結論から申しますと、必要なケースが多いようです。なので、全く畑違いの領域から領域への転職は難しいのが現状です。

しかし、最近では人気のある抗がん剤MRでも未経験の採用を行うメーカーもあるようです。ただ、全くの畑違いの領域から領域へ転職を行う場合、MRとしての基本行動は同じですが、エビデンスや基本的疾患知識の習得には時間と苦労があると思います。

その点は是非ご留意下さい。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。

ではどこで情報を入手するか?について記載いたします。
主な情報源は下記になるのではないでしょうか?

①転職支援会社
②現場MRからの情報
③ヘッドハンティング

②と③は限りなく近いものです。
ですので、基本的には①と②が情報源となります。

まず、未経験の方は②からの情報源があまり期待できませんので、基本的には①に頼ることになります。

では、経験者の方はどうでしょうか?
①と②のどちらも情報を入手するのが必要ですが、②に関しては注意が必要です。
なぜならば、同じ現場で働いているMR同士での情報交換となりますので、注意をしないと、自分の上長や関係者に情報が伝わる可能性があるからです。

しかし、行きたいと思っている会社で求人がでた場合試験を受けるまであまり猶予がないケースが多いです。もし少しでも転職をしたいと思うのならば、日頃からすこしづづ情報をい集めておくことが良いと思います。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。

それでは、コントラクトMRについて記載いたします。先ほど、製薬メーカーへの転職には「MR認定資格」が必要であると書きました。では、このMR認定資格はどのようにすれば取れるのでしょうか?

現在の所、製薬会社にて一定の研修を受けることがMR認定資格の「受験条件」となっております。つまりどのような条件でも良いのですが、まず製薬メーカーでMRとして働かなければなりません。(ちなみにMR認定資格を取るには12月に行われる試験に合格しなければなりません。)

そこで、未経験の方はコントラクトMRという派遣型MRにて製薬メーカーに出向され働く必要があります。

コントラクトMRとは、製薬会社の要請により、一定期間契約を行い、コントラクト会社(CSOといいます)から派遣されるMR形態のことです。(多くは新薬の発売時など、一定期間のみMRが多く必要な場合に契約を行います)
期間はプロジェクトによりますが、2~3年間が多く、その期間が過ぎるとまた他プロジェクト(他の製薬会社)に派遣されます。その派遣期間でMR認定試験の受験資格を得ることができ、試験を受験することができます。
ですので、コントラクトMRの方は、そこでMR認定資格をとり、そのまま他のメーカーなどに転職するケースが多く感じます。(もちろんそのままコントラクトMRとして働くことも可能です。)

ちなみに、コントラクトMRは一定エリアにて活動ができる(関東など)ため、転勤が嫌な方はこのままコントラクトMRとして働くのも手です。しかし、多くの方が転職をする背景として、コントラクトMRと製薬メーカーの正社員MRでは給料・福利厚生が全く違うことが大きな理由のようです。

もし、未経験だけど、MRとして働いてみたい方はまずコントラクトMRとして働くことをお勧めいたします。



是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。

今回は、転職における経験者と未経験者の違いについて記載いたします。

まず、経験者と未経験者の一番の大きな違い、それは「MR認定資格」をもっているか否かです。
これは実は大きな違いなのです。

なぜかというと多くの製薬会社が転職者の最低条件として
「MR認定資格の保持」を掲げているからです。
つまり、これがないといきなりメーカーに転職はできません。

これを見て、他業界から転職を考えている方には無理なのか・・・と肩を落としそうですが。。。
実は派遣形態からメーカーに転職するという方法があります。
それは、「コントラクトMR」に記載します。

では、経験者の転職活動についても、他で少しづつ記載いたしますね。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。