転勤

製薬会社での日々の生活、また転職活動などについて書いていきたいと思います。就職活動、転職活動中の方には参考になるかな?

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。大手製薬若手MR(医薬情報担当者)の日々の生活をつづっていきます。

今日は転勤について書いていたいと思います。
MRにとって転勤はついてまわるもの。どうしても避けられない行事です。
ただ会社によっては転勤希望の融通がきく場合もあるようです。しかしほとんどの会社では、きかないと思います。

その理由は単純で、1人1人全部きいていたら、調整などできないからです。しかし、近年女性MRも増えてきているが、女性は都会に配属されるケースが高いのは事実のようです。田舎だとすぐに辞めてしまうのが理由だと思います。

また、都会に配属される人は優秀で、田舎ほど普通のMRが多いというのはあっている部分もあるが、間違っている部分もあります。

都会は確かに競争が激しいので、ある程度の人材を置かなければというのは間違いないが、だから田舎なら普通で大丈夫というわけではないようです。。
むしろ計画などは田舎の人の方が大きいケースがほとんどです。。

ただ都会の方が、田舎にくらべ最新の情報を欲しがっているケース、また病院も乱立しているため経営努力のためにMRの情報を望んでいるケースは多いかもしれません。田舎は別に経営努力がなくてもまだまだ何とか食べていける病院は多いからです。今後は確実に違ってくると思いますが。

田舎担当のメリットは田舎の方が大きな仕事ができる確率が多い事です。
田舎ではちょっとした病院でも、病院の数が多くないため、患者が1点集中し、薬剤購入量など都会の病院に比べて大きくなるケースが多い。
そのため、薬剤の切り替えなどができると非常に目立つ存在になります。

つまりどちらがいいとは一概には言えません。
しかし、若い人ならやはり都会を望む傾向はあるのではないかと思うが、皆さんいかがでしょうか?


スポンサーサイト
この記事へのコメント
こういうサイトを探していました!!
生の情報はとても参考になります。
僕はまだ受験生ですが将来の進路のひとつとして考えてみたいと思います!!
2009/01/22(木) 22:53 | URL | pekepeke #-[ 編集]
pekepekeさん

書き込みありがとうございます。
MR志望ですか?

まだ、高校生なら、たくさんの仕事を見るとよいと思います。

何か疑問点などあったらぜひ書き込みください。
2009/01/23(金) 23:12 | URL | MR@TK #-[ 編集]
女性の転勤について
はじめまして、現在就職活動中の文系学生です。
完全にスタートが遅れてしまったのですが、現在MRに興味を持ち製薬業界、MR職に関する情報を探しています。

MRとして働く上で気になるのは
・転勤 ・女性の退職率の高さ
です。

「女性は都会に配属になるケースが多い」とありましたが、それは都会での配属、勤務が長く続くということでしょうか、それとも入社してすぐは都会に勤務ということでしょうか。会社による違いもあると思うので、MR@TKさんの感覚でお願いします。

また、女性の勤続年数が長くないのはどういった理由からだとお考えになりますか?体力的に厳しい面があるのでしょうか…それとも転勤がネックになるのでしょうか…

長文になってしまい申し訳ありません。お時間がある時で構いませんのでご返答いただけると幸いです。
失礼致します。
2009/06/12(金) 20:46 | URL | まさみ #-[ 編集]
まさみさん

書き込みありがとうございます。
正直転勤や配属については、あまり規則性はないと思います。

ただ、女性の方が男性に比べて、都会に配属される可能性は高いかもしれませんが、長く続くかどうかは本当にわかりません。

毎年その覚悟ができていない方が結構います。自分が田舎に配属になるとは思わなかった・・・という人が結構います。ですので、やはりその覚悟は決めるべきだと考えます。

また、女性の離職率についてですが、本当に他の企業と比べて高いのか?というのが1つの疑問になります。本当にそのような客観的なデータはあるのでしょうか?

むしろ製薬企業は、女性を積極的に採用しているので、ある程度の年齢がきてやめるときに目立つのではないか?と思います。(もしそのようなデータがあったらすみません・・・)

MRは給料時間ともに恵まれていると思いますが、転勤であることはある程度覚悟が必要かと思います。

また、何か必要な情報がありましたら書き込み下さい。





2009/06/12(金) 21:35 | URL | MR@TK #-[ 編集]
ご返答ありがとうございます
さっそくご返答いただきありがとうございます。

MR@TKさんのおっしゃるように私の元にしている情報は「他業界・他業種と比較して」というデータではありませんでした。確かに女性の雇用が進んでいるからこそ結婚・出産に伴う退職が目立つのかもしれないということに気づかされました。ありがとうございます。

製薬会社三強の一社Aの「女性の労働」に関する調査情報を目にしたのですが、女性は入社3-5年で退職するケースが男性よりも多く、その理由が「勤務地」の他に、結婚・出産に伴う「業務時間の長さ」とありました。

これは私の周囲だけの風説かもしれませんが、MR=激務ということをしばしば耳にします。そこでまたお聞きしたいのですが、

1、実際には毎日何時から何時ごろまで働いていらっしゃいましたか。
2、お仕事に関係する勉強はいつなさってましたか。

もし既に他の記事に書かれていることでしたら申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

2009/06/12(金) 22:52 | URL | まさみ #-[ 編集]
まさみさん

ご回答申し上げます。

女性は入社3-5年で退職するケースが男性よりも多く、その理由が「勤務地」の他に、結婚・出産に伴う「業務時間の長さ」とありました。

→恐らく3から5年の退職が男性より多いのはどの業界でも同じかと考えます。また、結婚・出産に伴う「業務時間の長さ」の意味ががよくわかりませんが(特に伴うの部分がよく理解できません。結婚・出産を行って業務時間が増えることはないと思います)、「結婚・出産を行った女性としては、業務時間が長いため働きにくい」ということを指しているのでしょうか?

1、実際には毎日何時から何時ごろまで働いていらっしゃいましたか。
→私は、8時~20時ぐらいが、接待などがなければ普通でした。接待があれば、24時ぐらいでしょうか?
また、私の勤めている会社は土日の勤務もかなりある会社なので、結構土日は東京に出張も多かったです。
ただ、平日で気分が乗らない時は、18時に家にいることもありましたよ。

2、お仕事に関係する勉強はいつなさってましたか。
→1つは営業所での勉強会ですね。後は、会社からどんどん情報がふってきますし、Drとの会話も勉強です。
それ以外に知識をつけたいならば、やはり平日の夜や、土日を使うのが多いと思います。移動中の社内でも勉強はできるかもしれませんね。

ちなみに、まさみさんの働きたい会社の条件はなんですか?



2009/06/12(金) 23:28 | URL | MR@TK #-[ 編集]
失礼致しました、誤文です。
ありがとうございます。

>結婚・出産に伴う「業務時間の長さ」の意味ががよくわかりませんが

申し訳ありません、誤文です。きちんと見直すべきでした、、お恥ずかしい限りです・・・。


1、実際の業務時間について
→8時から20時くらいまでですか。22時23時くらいまで働かれていらっしゃると思っていたので少し安心しました。

2、勉強時間について
→営業所での勉強会があるのですか…情報収集不足でした。ちなみにその勉強会の日時は業務時間内なのでしょうか。

私の「働きたい会社の条件」は

1、長く働ける環境であること(長時間労働、極度の精神的ストレスがないこと、転勤のペースや期間に納得できること、産休・育休制度など仕事と子育てを両立できる環境であること、目指すべきロールモデルとなる女性がいることetc.)

2、経済的に自立した生活が送れ、子供を育てていくだけの収入があること(そのためにも続けて働けることが望ましいです)

3、研修やスキルアップの支援制度が充実していること、キャリアアップの道筋が明確なこと

現時点では、この3つを重要視しています。
2009/06/13(土) 01:29 | URL | まさみ #-[ 編集]
度々申し訳ありません。
上記の働きたい会社の条件1の、()内の文

「産休・育休制度など仕事と子育てを両立できる環境であること」

を訂正させてください!正しくは

→産休・育休制度など「が充実しており」仕事と子育てを両立できる環境であること

です。何度も申し訳ありません…失礼致しました。
2009/06/13(土) 01:34 | URL | まさみ #-[ 編集]
まさみさん

書き込みありがとうございます。

1、実際の業務時間について
→あくまでも私の営業所ではそうでしたが、うちの会社でも、23時、24時まで営業所で仕事という人もいるようですので、上の人の考え方などにより大きく左右される可能性が高い事を認識しておいた方がよいと思います。

2、勉強時間について
→もちろん業務の時間内です。

働きたい会社の条件について
→恐らく2、3に関しては大手の製薬会社に入れば叶うでしょう。
しかし、1番はなかなか難しいと思います。少なくとも私の会社の女性MRで、結婚後に子供がいて仕事をしている人はほとんどいないと思います。

つまり、まさみさんが書き込みされているような会社を多くの会社が目指しているのですが、実際のところはそううまくいっていないのが、正直なところかと思います。ホームページやセミナーでは、キャリアウーマンのような女性がたまに演出されていますが、実際そのような人はほとんどいませんし、レアケースです。

では、この1,2,3の中で優先順位は何でしょうか?全ての条件を満たせない可能性が高い時、何を優先とするか?それにより自ずとよりベターな回答が見つかるのではないでしょうか?







2009/06/13(土) 01:52 | URL | MR@TK #-[ 編集]
なかなか難しいですね…
返答いただきありがとうございます。

なるほど…実際には出産後も仕事を続けていくことはまだまだ難しいようですね。

20代のうち(子供がいないうち)は極端でなければ業務時間が長くても構わないのですが、やはりその後も続けていくことを考えると気になります。

優先順位は、、、
1~3は全て「経済的に継続して自立していられること」のために必要であると思う条件なので非常に付けがたいです。

いわゆる業務職(一般職と呼ばれるような仕事)では一人で生活することすら難しいですし、条件に当てはまるのは公務員くらいでしょうか・・・
一般的に会社では出産後も仕事を続けていくことは、無理ではないけれども現実的にはまだまだ困難であるということですし、、、

丁寧に返答してくいただき本当にありがとうございます。とても参考になります。
2009/06/13(土) 02:39 | URL | まさみ #-[ 編集]
まさみさん

とてもまじめに考えていらっしゃるのですね。

上記条件が譲れないとするならば、MRは難しいかもしれません。製薬企業に拘るのならば、研究や開発をお勧めします。研究開発は、ほとんど転勤もありませんし、女性は結婚後ある程度内勤に重きが置かれる仕事に異動するケースが多いようですし、MRよりは給料は下がりますが、生活には十分だと考えます。

ただ、どうしてもMRに拘る場合ですが、
①いわゆる小さな製薬会社のMRになる
→理由としては、都市にしか営業所がないケースが多い、転勤の頻度が少なく、時間的にも余裕がある可能性が高い、しかし、研修制度や、女性MRの参入という点では、あまり進んでいません。

②いわゆる大手製薬会社に入る
→女性の進出が進んでおり、研修制度なども充実しています。しかし、営業所は様々な所にあり、
田舎に配属の確率も高くなります。

まさみさんが、提示された、3つの条件を満たす会社は正直かなり少ないと思います。
なので、そのようなポジションを獲得できる能力を身につけるか?もしくは妥協するか?が選択肢の1つになるのではないでしょうか?

2009/06/13(土) 10:56 | URL | MR@TK #-[ 編集]
MR@TKさん

お返事ありがとうございます。

特にMRに強い拘りがあるわけでは無いのですが、製薬会社は女性が多く進出している点(実際にはまだ大手に限られるようですが)、待遇が良い点、文系でも努力次第で活躍が可能な点に特に魅力を感じて調べていました。

今日改めて思ったのですが、やはり転勤によって住居を左右される可能性が一生(というと少し大げさかもしれませんが)続くというのは考えさせられます。

育児も含めて、家庭生活における女性の負担が大きくなるのは実際にはやむを得ない部分もあると思いますし、同じ場所に留まって仕事ができることは今の私が考えている以上に重要かもしれないからです。


それを考えると私には①小さい製薬会社のMRになることの方がいいように思えます。前例が無いのは想像以上に厳しいことだと思いますが、実際に子供ができればやっていく覚悟はできるようにも思いますし、私が周囲に認められていれば何とかなっていくのかな・・・と思います。(それはどこでも同じことですが)


また私の望む「経済的な自立」のためには公務員がベストなようにも思えてきました。それに関しては現実的に可能かどうか等もっと詳しく調べてみようと思います。


毎回親切にご返答くださり本当にありがとうございます。MR@TKさんのおかげで自分の大切にする条件というものがより明確になったと思いますし、企業の実情のようなものをお聞きできて、現実的な進路の選択肢が以前よりも具体的になったように思います。
適当な言葉が見つからないのですが、本当に感謝の気持ちで一杯です。MRだけでなく他の選択肢はも含めて就職課の方にも相談しながら進めていきたいと思います。
2009/06/13(土) 13:13 | URL | まさみ #-[ 編集]
まさみさん

お役立て頂き幸いです。
是非とも就職活動頑張ってみて下さい。ただ、アドバイスをするならば、もっとたくさんの業種をみてみた方がよいと思います。なんとなくですが、かなり絞りこんでいるように感じましたので。もちろんそれが悪い訳ではありません。しかし、今しかそのように会社を見ることができませんので。

また、MRは営業であるというのもきちんと再認識頂いた方がよいと思います。学術的な仕事ではありますが、その土台には、関係構築が不可欠です。

加えて、女性進出が活発であるというのは、逆にいうと数字など絶対的指標により評価されているために性別が関係ないという背景もあります。つまり数字がいかなければ評価されないのです。

少し厳しいことも書いてしまいましたが、実は上記は、社会にでればある程度当たり前のことです。(もちろん例外もあります)
そう考えると、製薬会社のMRは時間的にも、報酬的にも、社会的ステータスから考えても、恵まれているのではないか?と私自身は思っています。



2009/06/13(土) 14:36 | URL | MR@TK #-[ 編集]
遅くなり申し訳ありません。

>もっとたくさんの業種をみてみた方がよいと思います。

ここでの「業種」とは「業界」という意味でしょうか。

割とさまざまな業界を見てきたつもりではいたのですが、個々の業界を深くは見ていなかったかもしれません。少しでも気に入らないところがあると嫌になってしまい、別を探してしまったように思います。

また、たくさん説明会に行ったり、選考を受けたり、そういった努力が圧倒的に少ないのでこういった事態になっているのだと思います。

自分の求める条件に合致する会社に入りたいと思っている割に、そういった会社を探して内定をもらう努力や、優先順位をつけて覚悟を決めるといったような決断をしておらず、どんどん厳しい状態へと追い込んでしまっているので、少しずつでも生活を変えて就職活動に本気でとり組んでいけるよう頑張りたいと思います。

もう6月も半ばになっているのにスケジュールはほとんど入っておらず、やりたいこともわからず、焦りばかりがつのってしまい不安ですが、やらなければ先はないので具体的に動こうと思います。。。

本当にありがとうございました。

2009/06/15(月) 21:49 | URL | まさみ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://c3045051.blog89.fc2.com/tb.php/12-52ffadb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。