後発品

製薬会社での日々の生活、また転職活動などについて書いていきたいと思います。就職活動、転職活動中の方には参考になるかな?

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MR@TKです。日々の生活をつづってまいります。
さて、本日は後発品について記載したいと思います。

私の担当施設でも後発品が侵食してきています。
では先発品ではなく、後発品で大丈夫なのか?

結論からいうと、効果が同等だという科学的なエビデンスはありません。
ただ、生物学的には同等であることは当局に保証されており
生物学的に同等ならば効果もおなじはずであるという大原則からなりたっています。

Drによっては効果が異なるということを仰る方もいます。
その理由は、添加物の違いだったり、製造工程の違いなどによるのではといわれています。

今後ジェネリックは確実に拡大していくでしょう。
しかし、後発メーカーの多くは情報提供体制や副作用収集体制が整っておらず
きちんと整備できなければある一定の部分でとまるのではないかと思います。
何か1つ事件が起きれば・・・

私は先発メーカーにいますが、全面的に後発品が悪いとは思いません。
ただ、後発品がどのようなものなのか?ということを患者がきちんと認識することは
大切なことだと思っています。
しかし、この点は全く無視され、安い薬剤であるという位置づけになっています。

難しい問題ですが、医療費と正確な情報の問題、、、、さて今後どう動いていくのでしょうか??





スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://c3045051.blog89.fc2.com/tb.php/248-d913e0ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。