医者と医局②

製薬会社での日々の生活、また転職活動などについて書いていきたいと思います。就職活動、転職活動中の方には参考になるかな?

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
是非ともクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ


MR@TKです。医者と医局の関係について記載いたします。

先日も記載しましたが、現在勤務医はほとんどが大学の医局に所属しております。
そのメリットは何でしょうか?

医者の立場から
・医局が働く場所を斡旋してくれるため、探す必要がない。また、必ず働く場所を見つけてきてくれる

これはデメリットでもありますが、働く場所を必ず用意してくれるというのは大きいと思います。
ですので、勤務医で医局と関係をきちんともっていれば、まず、食えなくなることはありません。

病院の立場から
・Dr探しが非常に楽である。また田舎でも医局の派遣できてくれる

例えば、ものすごく田舎であるならば、働きたいという先生もあまりいないかもしれません。しかし、医局の命令で、必ず医者がきてくれるわけです。これは、病院としてはありがたいですね。

しかし、近年では新臨床研修医制度がはじまり、上記のメリットが保てなくなってきています。
では、それはなぜでしょうか?

次回記載します。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://c3045051.blog89.fc2.com/tb.php/82-6039c26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。